「みはじ」について

「みはじ」は悪か?

 

小学6年生が速さの計算の単元に入る時期です。

 

 

 

この単元、確かにつまずく子が多いです。

 

 

 

「道のり」「速さ」「時間」の三要素があるのですが、その関係が分からなくなるらしいですね。

 

 

 

 

そこで、登場するのが上の図「みはじの公式」。

 

 

 

 

道のりを計算するためには、上の図を見ながら「速さ×時間」をすれば良く、

 

速さを計算するためには、上の図を見ながら「道のり÷時間」をすれば良く、

 

時間を計算するためには、上の図を見ながら「道のり÷速さ」をすれば良いと

 

教えてくれる魔法の図です。

 

 

 

 

 

で、この「みはじの図」をめぐっては、毎年論争がネット上で勃発します。

 

 

 

つまり、この図を使って教えるのが果たして子ども達のためになっているのかどうか。

 

 

 

 

 

反対派は、こう言います。

 

「そんなもの、何一つ本質をついていない教え方だから、子ども達にとって害にしかならない!」

 

 

擁護派は、こう反論します。

 

「そうは言っても、これで教えないと子ども達は問題が解けない。問題が解けるように導くのが我々の使命だ!」

 

 

大体そんな意見に集約されます。

 

Moveの立場はどうか?

 

さて、そんな賛否両方の意見を踏まえた上で、私はこう考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「みはじ」は基本認めない。

 

 

定義を徹底的に理解すれば、こんな「魔法陣」を覚える必要はない。

※「魔法陣」:意味も分かっていないのに、当てはめれば答えが出る不思議な図の意。

 

 

 

 

 

この場合、ポイントとなる定義は「速さ」です。

 

 

 

 

この「みはじ」を積極的に使う子で、「速さ」の定義をきちんと理解している子にまず出会いません。

 

 

 

 

すると、こういうことが起きるのです。

 

 

 

道のりを計算するためには、図に当てはめて「速さ×時間」をすればいいんだな。

 

速さを計算するためには、図に当てはめて「道のり÷時間」をすればいいんだな。

 

時間を計算するためには、図に当てはめて「道のり÷速さ」をすればいいんだな。

 

 

 

 

 

「速さ」って何かよく分からんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが3年後に公立上位校を目指す生徒の思考であっていいはずがない。

 

 

 

 

大事なのは定義です。

 

 

つまり、速さとは何か? を徹底的に理解するのです。

 

 

それは

 

 

「1秒・1分・1時間などの単位時間あたりに進む距離のこと」。

 

 

 

 

 

これの意味を徹底的に考えましょう。

 

図にしましょう。

 

想像しましょう。

 

 

 

 

 

多少はとっつきにくい単元かもしれません。

 

 

 

けれど、ここで意味もわからず「魔法陣」に頼るのであれば、成長を阻害します。

 

 

「定義」を徹底的に理解すれば、それほど難しい単元でもありません。

 

「そりゃ、そうだ」で終わる話です。

 

それを実感するのにちょうどいい単元でもあります。

 

 

 

 

お願いなので、子どもたちの大きな成長ポイントを潰さないでくださいね。

 

 

 

 

LINE@友だち登録募集中です。