· 

高校生は勉強しない

高校生の現実

 

最近、塾生のお兄ちゃん、お姉ちゃんの話をよく聞きます。

 

高校生の子たちです。

 

 

その子たちはMoveの塾生ではないです。

 

でも、話だけは聞くのです。

 

 

大抵同じ話です。

 

 

 

要するに、

 

勉強しない。

 

 

それこそ中学生の時の方が勉強していた、とのこと。

 

 

 

 

 

「上の子が中学生の時は、そっちの子の方が勉強していて成績がよかったけど、

 

今じゃこの子(塾生)の方が成績が上になりました」

 

 

なんて声も聞きます。

 

 

(トップ画像はネットから拾って来ました)

 

 

 

おかしな話です。

 

 

 

普通に考えて、大学入試を目指すのであれば、

 

高校生の方が勉強していないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生が勉強しない理由①

 

では、一体なぜ高校生は勉強しない子が多いのでしょう?

 

なぜ中学生の方が勉強するのでしょうか?

 

私には3つの理由が思い当たります。

 

 

 

 

一つ目。

 

大学合格率93%の現実があるから。

 

 

 

数年前の数字ですが、現役合格率という数字を目にしたことがあります。

 

大学志願者数/日本全国の大学の定員合計×100=約93%

 

 

 

すなわち、大学を選ばなければ93%の大学受験生が大学生になれるのです。

 

 

 

大学に支払った学費、一人暮らしをした場合にかかるお金、さらには就職した時に比べ大学在学中に稼げるはずだった所得の合計金額を上回る所得が見込めない大学でもよければ、誰でも大学生になれます。

 

 

お金の話だけでは面白くないですね。

 

 

大学生との名ばかりの、大学在学中に中学や高校の復習をして最新の研究や学問に全く触れることのない、従って誰からも評価されない、大学生としての知見を得ることができない大学でもよければ、誰でも大学生になれます。

 

 

まあ、その大学に行かないと特定の職業につけないのであれば、その限りでもないのでしょうけど。

 

 

 

しかし、

 

昨年からですが、補助金の問題で私立大学も合格者数を大幅に減らしています。

 

本当に自分が進みたい世界につながる大学は、相変わらず狭き門なのですよ。

 

その現実に気づいてくださいね。

 

 

高校生が勉強しない理由②

2つ目。

 

中学時代の塾や学校の教育者たちが悪い。

 

 

 

これは私たちも大いに反省しないといけないし、私としてはそんなことを言ったことも考えたこともないのですが、

 

「高校入試を突破すればそれでOKなんだ」と吹き込む教育者がいるという現実があります。

 

 

 

 

私自身はよく生徒たちにこう言います。

 

「高校入試になんて、所詮通過点。

 

15歳の時に人生なんか決まるわけないじゃん。

 

高校入試が終わったら遊べるなんて思うと、長い目で見て失敗するぞ」と。

 

 

 

 

で、ある時そんなことを言うと、中3のある女生徒が言いました。

 

 

 

「そんなことを言う大人の人がいるとは本当に驚きました。

 

 

学校の先生は『志望する高校に入れればそれで幸せになれるから』と言ってました。

 

だから先生の話は衝撃でした」

 

 

 

 

信じられないような本当の話です。

 

なんて無責任なんでしょう。

 

そんなわけないじゃん。

 

 

 

 

塾の先生でも多いですよ。

 

 

 

 

「高校に入ればあとは遊んでいいから」なんて、わけの分からないことを言う先生。

 

 

 

 

そんな考えだから、定期テストの過去問漬けをやったり、手取り足取り答えを全部教えてあげるような指導をするのです。

 

 

で、気がついたら、生徒に「勉強とは先生の言う答えを覚えてテストで書けるようにすること」と思わせるのです。

 

※実際に、他塾から転塾して来た生徒が僕に言った言葉です。

 

 

もう信じられない考え方をさせてしまっているのです。

 

 

そりゃあ、そんな教育を受けていたら、高校に入れば勉強なんかしなくなるし、できなくなるでしょうね

 

 

 

3つ目はまた次回

 

3つ目については、ちょっとデリケートな問題のため、また記事を改めますね。

 

いずれにせよ、高校生の方が勉強しなくてはいけないはずです。

 

 

 

それがこんなにも、中学の方が勉強していたという話を聞けば、それはきっと色々な構造上の問題があるはずです。

 

 

 

それに気づかず、「高校入試がゴール」のような考え方に子供達を染めてしまうと、ちょっと取り返しのつかないことになります。

 

 

 

僕ら塾の先生も、学校の先生も、そして、親御さんも気をつけていただきたちと切に願いします。